蛇口の空回りによる水のトラブル

普通出るはずの水が蛇口をいくらひねっても出てこないといった水のトラブルは決して珍しくありません。また逆に水を止めようと思ってくるくる回しても、一向に水が止まらないといったことも起こりえます。このような場合、蛇口が何らかの原因で空回りを起こしている可能性が疑われます。

■ほとんどは経年劣化によるもの

このような蛇口の空回りによって、水の出し止めがコントロールできなくなる症状は、ほとんどの場合で経年劣化による部品の故障と考えられます。くるくる1日に何度も回していくうちに徐々にではありますが、内部の部品が摩擦によってすり減ってしまいます。そしてあるとき空振りが起こるようになって、本来の機能を果たせなくなってしまいます。このような問題が起きている場合でも、部品の交換など適切な修理を行うことで問題を解決できる可能性は高いです。

■どこで問題が起きているか確認すること

もし空回りが起きているのであれば、どこがトラブル箇所か特定する必要があります。蛇口を分解してみると分かりますが、実に多種多様なパーツによって構成されています。その中でも蛇口の空回りの場合、スピンドルもしくはコマのいずれかの劣化が多いです。よってこの部分を新しいものに交換することで、トラブル解決できる可能性は高いです。ちなみにスピンドルもコマもホームセンターなどで販売されています。しかしタイプによってサイズが異なるので品番を確認したうえで、同じものを購入することが大切です。

■まとめ
蛇口を閉めているのに水が止まらない、水が出てこないなどの水のトラブルが起きるとどうすればいいか焦ってしまうでしょう。水が出ないと日常生活に大きな支障が生じかねません。止まらないのも水浸しになる恐れもありますし、余計な水道料金を支払う羽目になります。自分で修理するのもありですが、心配であれば業者に依頼するのも一考です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ