意外と多い配管の水のトラブル

水のトラブルの原因はいろいろとありますが、その中でも多いトラブルの中の一つが配管です。給水管でも排水管でも水を巡回させるためには欠かせない設備です。しかし老朽化が進むとトラブルが起こりやすくなります。またまだ新しいものでもつまりなどで水漏れや逆流が起きる可能性があります。

■老朽化が原因の場合

配管は長年同じものを使っていると、徐々に劣化が進んでいきます。例えば配管の内部でさびが発生して、それが水の通り道をふさいでしまうことが考えられます。また腐食が進むと穴が開いてしまって、そこから水漏れの発生することもあります。配管そのものは問題なくても接続部分のパッキンが腐食して、そこから漏水してしまう事例もあります。このような場合には、劣化している部分を新しいものに交換するケースが多いです。修理をしても別の場所が破損する可能性が高いため、丸ごと交換を選択するのが一般的です。

■新しい場合でも問題が起きる可能性も

配管が比較的新しい場合、劣化はあまり進んでいないでしょう。しかし例えば異物を詰まらせることで逆流してしまうといった問題は発生することも考えられます。そのほかには何か外部から強い衝撃を与えることでダメージを受けることによって、調子がおかしくなることもあり得ます。うっかり配管に何か物をぶつけてしまって、そこから不具合の発生することもあり得ます。新しくてもトラブルの起きることはあり得ない話ではないです。

■まとめ
このように配管の水のトラブルだけでも、いろいろな要因が考えられます。何が原因かによって、修理のアプローチの方法も変わってきます。素人が正しく判断するのは難しいでしょう。もし水漏れなどが発生しているのなら、速やかに専門の修理業者に連絡することです。プロの目で見てもらって、どのような対策を講じるのがベスト化、アドバイスを受けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ